アンテナ工事費用

果たしてアンテナ工事を業者にお願いして、発生した料金を大家さんに請求することが出来るのでしょうか。今時、アンテナがマンションに設置されていることなんて当たり前と言えば当たり前です。マンションにアンテナがないことが不思議なのであって、いちいちアンテナ工事のことまでチェックしてマンションを借りないかもしれないですよね。そのとき、入居してマンションにはじめてアンテナ設置がないことを知り自分で工事するという場合もあるでしょう。

しかし、テレビアンテナがない事ははっきりと自分自身で確認できるという理由などによって、大家さんには、アンテナ設置の義務はないとされています。つまり、賃貸を借りる人たちは、あらかじめしっかり入居の前にアンテナ設置の確認をしておきましょうということなのです。

……今時、BS・CSがなくて耐えることが出来ないという人たちもいます。 でも、BS・CSは100%の人たちが利用している機能ではありません。BS・CSはなくても我慢は出来るというものの地デジアンテナはどうなのでしょうか。地デジアンテナ設置に関しても、大家さんが負担すべきか否かについては、厳密に言えば賃貸借契約の内容によるものと考えることが出来ます。やっぱりあらかじめしっかり契約時にチェックしなければならないことのようです。

業者へ依頼する

更にアンテナ工事には素人のみなさんではなかなか難しい問題を抱えていて、地上デジタル放送のUHFアンテナの他にBS・CSアンテナがあがっていて、壁付きのTVユニットが1個という場合では、 分波器を購入する必要があります。家電量販店では、大体二千円前後あたりで買うことが出来るでしょう。

アンテナ工事をしなければならないという場合は、自分で出来ないことはありませんが、やっぱり業者にお願いするというのが一番確実な方です。自分で取り付けをするというのなら10000円以下でそれをすることが出来るかもしれませんが、業者に依頼をすれば、20000円以上はかかるでしょう。

しかしアンテナを設置するにはいろいろと難しい問題も抱えているので、アンテナ工事のプロフェッショナルに任せることが一番ベストな選択であることは間違いないことです。というのも、アンテナを設置する際には電波が飛んでくる方向を確実に捉えなければいけません。多少の角度のズレでも受信が上手くいかない時もあります

それでも自分で出来ないということではありませんので、その前にはしっかりアンテナ工事のノウハウをチェックしたいものです。ひょっとしたらそのとき、アンテナ工事の料金は大家さんに請求出来るかも……ということを考えている人たちもいるかもしれないですよね。もはやアンテナ工事しているマンションが当たり前という視点から見ればどうなのでしょうか。

CSが視聴できない

集合住宅におい、自由にアンテナ設置をしても特別違法性があるということではないようですが、 避難経路をふさがないということには注意をする必要がありそうです。そして、ベランダという存在は、みなさん意外と思うかもしれませんが、「準共有部」に相当し、自分のマンションと言えども自由に扱うことが出来る場所ではないということです。ひょっとしたらみなさんが気楽にアンテナ設置と思うもののアンテナ設置はそれ程気楽なものではないのかもしれません。

みなさんが、当たり前に引越しをして賃貸で、BS・CSの衛星放送を見ることが出来るつもりでいて、見ることが出来ないというケースもあるかもしれません。賃貸ではまだまだBS・CSの衛星放送が期待出来ないという場所もあるかもしれません。 BSアンテナが取りつけてあっても視聴ができない場合もあります。

賃貸ではアンテナの設置が可能という意味で記載してある場合もあり、そのようなときは、当然そこにはあるものとして理解するのではなく、いちいち自分でアンテナの設置をする必要があったりします。さらにアンテナがデジタル非対応でCS等が視聴できない場合も未だ結構あるようです。 さらにブースターや混合器や分配器などが非対応で見ることが出来ない場合もあります。なかなか難しい問題をいろいろと抱えているようですね。

アンテナ工事 設置

アンテナ工事って、結構いろいろな難しい問題も抱えていることがあります。みなさんは気楽な感じでアンテナ設置について考えることもあるかもしれませんが、集合住宅にそもそもアンテナ設置することに問題はないのでしょうか……。 今、それぞれの人たちが、それぞれのベランダにおいて自由に、アンテナ設置する光景を見かけることがあります。ならば自分もそうしてやろうと思っている人ももちろんいるでしょう。

総務省の管轄している法律において、共同住宅でのアンテナ設置に関連する法律は無いということなので、ここでは自在にアンテナ設置は問題ないようです。しかし、総務省消防庁予防課においての意見は違います。 消防法においては、 ベランダなど集合住宅の「準共用部」は火災や災害時の避難経路とされています。 避難経路をふさぐような設置物に対しては違法となる可能性があると言います。しかしアンテナ設置は消防法に関わる程難しい問題を抱えているのでしょうか。

アンテナ設置することで、それ程進路を確保出来なくなるということでもありませんし。 ベランダにおいて大量のアンテナを設置することなど考えてしまえば、ここでは法的問題に触れてしまうこともありそうです。

更にアンテナ設置によって、デザイン性を重視したマンションなどの場合において、外からの景観が損なわれるということもあるかもしれません。そのような問題を回避するために、アンテナ設置を認めるかマンションを所有する住人間で話し合い、決め事を作る必要があるとされています。